PleskでPHP8.1まで利用可能となりました。

2022/1/18のPleskのアップデート 18.0.41からPHP8.0が推奨され、PHP8.1が利用可能となりましたので利用するための手順を公開します。

1.Pleskにログインすると、ホームの画面が表示されますが、この画面内にある「コンポーネントを追加または削除」を選択します


2.以下の画面が開きますので、「Web Hosting」を選択します。


3.その後、「PHP interpreter versions」を選択します


4.さらにPHP 8.1の▼か×を押して


5.インストールを選択します


6.以下の状態に変化したら


7.一番下部にある「続ける」を選択するとインストールすることができます。

以上の作業でインストールが完了となりますが、利用するにはサイトに反映させる作業が必要となります。

利用したいサイトの設定画面で、PHP設定という項目を選択して頂くと


PHPのバージョン選択一覧から「8.1.1」が選択できるようになり、


8.1.1を選択した状態で


OKまたは適用するを選択して頂くとPHP8.1.1が反映され、利用できるようになります。


反映されたかどうかは、PHP設定画面の「phpinfo()ページを表示」を選択して頂き


phpinfoのページを表示して頂くと確認ができます

もし、ウェブサイトに問題が出るようであれば、PHP8.1.1に切り替えた手順と同じように元々のPHPのバージョンを選択すると元に戻せるため、手軽に動作確認が可能です。