導入サポート

スピーバー導入マニュアル
〔共用サーバー(NGS)編〕

スピーバーをご契約頂き、誠にありがとうございます。
共用サーバー(NSGプラン)にてホームページやメールをご利用になる為に、各種初期設定が必要となります。
スピーバーを新規ご導入頂きましたら、こちらをご覧ください!

1.「スピーバーコントロールパネル」にログインします

1.スピーバーのホームページ右上にある[管理画面ログイン]をクリックします。

speever_login_icon

2.[スピーバーコントロールパネルログイン]をクリックします。


3.ログイン画面で次の内容を入力します。

①ユーザ名 お申し込み時に設定したユーザ名を入力します。
②パスワード お申し込み時に設定したパスワードを入力します。
③言語 (任意)画面の内容を表示する言語を選択します。

4.[ログイン]ボタンをクリックします。

コントロールパネルの「ホーム」タブの内容が表示されます。

これで、ログインが完了しました。

2.取得したドメインをサーバーに設定します
ここでは、プランお申込み時に取得または移管したドメインを設定します。

ドメインとは
ドメインとは、ネットワーク上で個々のコンピュータを識別するために使用される「住所」のことです。ホームページを利用する場合、URLの「http://www.」の右側、最初の「/」の直前までがドメインです。メールアドレスを作成する場合、メールアドレスの@(アットマーク)より右側がドメインになります。

1.「ホーム」画面の「ドメイン」の[すべてのドメイン]をクリックします。


2.[取得済のドメインをサーバーに設定する]をクリックします。


3.ドメインについての情報を入力します。

①ドメイン 取得済みのドメインを入力します。
②ゾーン管理機能 チェックすると、DNSゾーンの管理機能が有効になります。
③ウェブホスティング このドメインでホームページを利用する場合、ドロップダウンリストから「ウェブサイト (Apache)」を選択します。
④メールホスティング このドメインでメールアドレスを作成する場合、ドロップダウンリストから「qmail」を選択します。

4.[次へ]ボタンをクリックします。


5.入力内容を確認して、[終了]ボタンをクリックします。


これで、ドメインがサーバーに設定されました。

3.ホームページをサーバーにアップロードするための設定について確認します

FTP接続情報を変更する

ホームページをアップロードするには、まず、FTP接続情報を変更する必要があります。

FTP接続情報について
ドメインを設定したときに、システムで自動的にFTPアカウントが作成されますが、これを使用してFTPに接続することはできません(パスワードが表示されないため)。 必ず、FTP接続情報を変更してください。

1.[ウェブサイト]タブをクリックします。


2.FTP接続情報を変更するドメイン名をクリックします。


3.「ウェブサイトツール」の[FTPアクセス]をクリックします。


4.[編集する]ボタンをクリックします。


5.FTP接続情報を入力します。

①FTPログイン名 FTPログイン名を入力します。
②パスワード [パスワードの変更]をチェックし、「パスワード」と「パスワードを確認する」にそれぞれ同一のパスワードを入力します。

※良質のパスワードを作るには、[新しいパスワードを生成する]ボタンをクリックします。パスワードが自動的に生成され、[パスワード]と[パスワードを確認する]の欄に入力されます。生成されたパスワードが欄外に表示されますので、忘れないでください。

6.[設定する]ボタンをクリックします。

これで、FTP接続情報が変更されました。
お使いのFTPソフトウェアのヘルプやマニュアルをご覧になり、FTPソフトを設定してください。

ホームページコンテンツのアップロード先情報

ホームページコンテンツは、次のディレクトリにアップロードしてください。

ホームページコンテンツのアップロード先
/webspace/httpdocs/ドメイン名のディレクトリ/
OpenSSL、共有SSL、その他SSL証明書等により、暗号化通信を適用するホームページコンテンツのアップロード先
/webspace/httpsdocs/
4.設定したドメインのメールアドレスを作成します

メールアドレスを決める

メールアドレスは、メールボックスにアクセスする際のログイン名としても使用します。以下を参考に、メールアドレスの@(アットマーク)より左側の文字列を決めてください。なお、メールアドレスの@(アットマーク)より右側は、あらかじめ決めたドメインになります。

使用できる文字 半角数字、半角英字、「-」(ハイフン)、「.」(ドット)、「_」(アンダーバー)。
文字数 3文字~30文字。
使用できないメールアドレスの例1 末尾(@の前)が「.」(ドット)になる。
例:User1.
使用できないメールアドレスの例2 「.」(ドット)が連続する。
例:User..1
使用できないメールアドレスの例3 「-」(ハイフン)、「.」(ドット)、「_」(アンダーバー)以外の記号を含む。
例:User#1

メールアドレスをサーバーに登録する

以下の操作でメールアドレスをサーバーに登録します。

1.[メール]タブをクリックします。


2.「メールボックス」タブの[新しいメールボックスを追加する]ボタンをクリックします。


3.メールアドレスの情報を入力します。

①User Photo(任意) ユーザのプロパティに表示する写真を登録できます。[ファイルを選択]ボタンをクリックすると、ファイルを選択する画面が表示されます。
②表示名(任意) 新しく登録するメールアドレスの表示名を入力します。
③ログイン名 メールアドレスを入力します。[既存のドメインにログイン]を選択して、入力ボックスに作成するメールアドレスの@より左側を入力します。
④パスワード メールボックスにアクセスするためのパスワードを入力します。
⑤パスワードを確認する 確認のため、[パスワード]に入力したパスワードをもう一度入力します。

※良質のパスワードを作るには、[新しいパスワードを生成する]ボタンをクリックします。パスワードが自動的に生成され、[パスワード]と[パスワードを確認する]の欄に入力されます。生成されたパスワードが欄外に表示されますので、忘れないでください。

4.内容を確認して、[次へ]ボタンをクリックします。


5.[次へ]ボタンをクリックします。

※この画面の設定は特に変更する必要はありません。

6.内容を確認して、[終了]ボタンをクリックします。

下記の画面が表示されます。

これで、メールアドレスの登録が完了しました。

メールアドレスを登録した後は
登録したメールアドレスを、お使いのメールソフトウェアに設定してください。
設定方法については、お使いのメールソフトウェアのヘルプやマニュアルをご覧ください。

他社からスピーバーへ移行された場合のみ、次の設定が必要です。

5.ネームサーバーを切り替えます

1.[請求処理]タブをクリックします。


2.「契約」の[登録済みドメインの管理]をクリックします。


3.ドメイン名をクリックします。


4.「全般」タブの[ネームサーバ管理]をクリックします。


5.「プライマリネームサーバ」と「セカンダリネームサーバ」を入力し、[ネームサーバを更新]ボタンをクリックします。

プライマリネームサーバ ns01.hosting-srv.net
セカンダリネームサーバ ns02.hosting-srv.net

これでネームサーバーの切り替えが完了しました。

Operated by RIDE Co.,Ltd.

ご契約前・技術的なお問い合わせ

営業時間 : 9:00~18:00
(祝祭日を除く月曜日~金曜日)

契約更新・お支払いに関するお問い合わせ

営業時間 : 9:00~18:00
(祝祭日を除く月曜日~金曜日)

レンタルサーバーのスピーバー

スピーバーのサービスブログ