WinSCPでのFTP接続

1.セッション情報の入力

WinSCPを起動すると、新規ログイン情報の設定画面が開きます。
左側のリストが『セッション』であることを確認し、弊社から発行しましたお客様サーバー情報を元に下記の通り入力してください。

winscp1

プロトコル
File Protocol 『FTP』/『No encryption』を選択してください
セッション
Host name 『FTP転送サーバー』を入力してください 例)ftp.sample.ne.jp
User name 『FTPログイン名』を入力してください 例)s01234567
Password 『FTPパスワード』を入力してください 例)XXXX0000

※ホスト名は IPアドレス でも接続可能です。

◆共用プランでは、『 SFTP 』『 FTPS 』のプロトコルには対応しておりません。
◆仮想専用プラン(Plesk有り)では、お客様で設定する事で、『 SFTP 』にも対応可能です。
◆仮想専用プラン(Plesk無し)の場合には、お客様独自にインストールする事でご利用可能です。

2.接続の設定

「Save As…」をクリックすると、保存名の登録ダイアログが開きます。
任意でわかりやすい名前を入力して『OK』をクリックすると、入力したセッション情報の保存が完了します。

winscp2

3.サーバーへのログイン

セッション情報を『保存』すると、保存したセッションのリストが表示されます。作成したセッション名を選択し、『Login』をクリックしてください。

※このリストを表示するには、左側のリストにあります『セッション』から『保存したセッション』をクリックします。

winscp3

『セッションの保存名』にてパスワードを保存していない場合、パスワード入力を求められますので、入力してください。
パスワード認証後、ログインが開始されます。

winscp4

ログインに成功すると、以下のような画面が表示されます。

データの転送方法は、基本的にドラッグ&ドロップで手軽に行えます。

winscp5

以上で、WinSCPでのサーバーへの接続は完了です。

その他詳しい使い方につきましては、検索エンジンなどで利用方法を公開しているサイト等を検索し、ご利用ください。

Operated by RIDE Co.,Ltd.

ご契約前・技術的なお問い合わせ

営業時間 : 9:00~18:00
(祝祭日を除く月曜日~金曜日)

契約更新・お支払いに関するお問い合わせ

営業時間 : 9:00~18:00
(祝祭日を除く月曜日~金曜日)

レンタルサーバーのスピーバー

スピーバーのサービスブログ