WindowsLiveメール2011-2012

1.アカウントの設定

Windows Live メール2011を起動し、画面上部のアカウントをクリック後、[電子メール]をクリックします。

[追加]をクリックし、アカウントの種類を[電子メールアカウント]をクリックして選択し、[次へ]をクリックします。

2.電子メールアカウント情報の入力

電子メールの設定を行います。
ここで設定した『表示名』は、メールを送信した際に送信者の名前として相手方に通知されます。
文字列入力後、「手動でサーバ設定を構成する」にチェックを入れ、[次へ]をクリックします。


3.メールサーバーの設定

メールサーバーは【共用サーバープラン】と【仮想専用サーバープラン】で異なりますので下記を参考にしてください。

※仮想専用サーバーをご契約で、Plesk11以降をご利用の場合は送信・受信ともに「保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れます。
>設定後、接続時に「証明書の警告」が表示されますが無視または続行して接続してください。

ログインID欄は以下をご入力ください。

ログインユーザー名 [メールアカウント]@[ドメイン名]  例) info@example.com

◆次を使用して認証する欄は『 クリアテキスト認証 』を選択します。
◆送信サーバ情報の『ポート』は『 587 』と入力ください。
◆『認証が必要 』にチェックを入れます。

メールサーバーは【共用サーバープラン】と【仮想専用サーバープラン】で異なりますので下記を参考にしてください。

【共用サーバー(2017年4月1日以降にご契約されたプラン)の場合】

受信メールサーバーの種類 「POP3」のまま
受信メール ss061-***.domainserver.ne.jp
***部分はお客様によって異なります。
契約開始時に届いた「サービス開始のお知らせ」をご覧ください。
送信メール ss061-***.domainserver.ne.jp
***部分はお客様によって異なります。
契約開始時に届いた「サービス開始のお知らせ」をご覧ください。

【共用サーバープラン(NGS以前)の場合】

受信メールサーバーの種類 「POP3」のまま
受信メール pop***s.cp.hosting-srv.net
送信メール outgoing-smtp***s.cp.hosting-srv.net

※***部分はお客様によって異なります。確認方法はこちら

【仮想専用サーバープランの場合】

受信メールサーバーの種類 「POP3」のまま
受信メール mail.お客様ドメイン名 例) mail.example.com
送信メール mail.お客様ドメイン名 例) mail.example.com

上記のように各項目を入力し、[次へ]をクリックします。

3.設定の完了

最後に「 完了 」をクリックください。


以上でWindowsLiveメール2011でのメールアカウントの追加は完了です。

【 ご注意ください 】
メールの送信方式の一つに『 CRAM-MD5 』というものがありますが、現在『 非対応 』です。
CRAM-MD5を利用した場合、サーバーへの認証時に拒否されてしまいます。

Operated by RIDE Co.,Ltd.

ご契約前・技術的なお問い合わせ

営業時間 : 9:00~18:00
(祝祭日を除く月曜日~金曜日)

契約更新・お支払いに関するお問い合わせ

営業時間 : 9:00~18:00
(祝祭日を除く月曜日~金曜日)

レンタルサーバーのスピーバー

スピーバーのサービスブログ