メーリングリストの利用方法〔共用サーバー〕

共用サーバーで提供するメーリングリスト[Majordomo]のご利用方法について説明します。

リスト宛にメールを配信する事を“投稿”と呼び、メーリングリストの運営者(“リスト所有者”と呼びます)は、リストの運営方針によって、“参加者”登録や“投稿”に制限を加える事が出来ます。
複数のメールアドレスが登録されているものを「リスト」、そのリストに登録されているひとつひとつのメールアドレスを「参加者」と呼びます。
ひとつのリストあたり1,000人(1,000メールアドレス)、1通あたり40KBを上限の目安としてご利用ください。
参加者や投稿の制限はリスト単位で設定することが可能です。
リストを管理・運営する人を「リスト所有者」と呼びます。
他に「モデレータ(所有者の代理で処理を行う事の出来る権限を持つ)」、「参加者」、「一般(リストに参加していない外部の人)」と分けられます。

1.リストを作成する

1.コントロールパネルにログイン

2.「 メール 」タブを選択

3.「メールリスト」タブから「 新規メールリストを追加する 」をクリックします。

4.希望のリスト名を入力し、希望のドメインを選択します。


・高度な機能
配信されるメールに対してウィルスチェックを行う場合はチェックを入れます。

・メールリストの所有者
リスト所有者のメールアドレスを入力します。

・メールリストのモデレータ
リスト所有者の代理で処理を行う方のメールアドレスを入力しますが、基本的には入力不要です。

・メールリストのメンバー
リストの参加者(配信先のメールアドレス)を入力します。
複数のメールアドレスを入力すれば一括で登録が可能です。

・メールリストの情報
入力不要です。

・メールリストの紹介
入力不要です。

5.以上の入力を完了後「 設定する 」をクリックし作成完了です。

作成例)
maillist@speevertest.jp というリストを作成し、所有者を shoyu@speevertest.jpとし、参加者に 123@docomo.ne.jp、 abc@yahoo.co.jp、 xyz@speevertest.jpというメールアドレスを登録する場合

メールアドレス: maillist@speevertest.jp を入力
メールリストの所有者: shoyu@speevertest.jp を入力
メールリストのメンバー: 123@docomo.ne.jp abc@yahoo.co.jp xyz@speevertest.jp を入力

2.作成済のリストへ参加者のメールアドレスを追加する

1.コントロールパネルにログイン

2.「 メール 」タブを選択

3.「 メールリスト 」タブを選択

4.メールリストの一覧から追加対象のメールリストをクリックします。

5.「 メンバー 」タブから「 新しいメンバーを追加する 」をクリックします。

6.メールアドレスを入力し「 設定する 」をクリックし追加完了です。

3.メールを配信する

作成したリスト宛にメールを送信すると、リストに参加者として登録されているメールアドレス全てに同じメールが一斉配信されます。
「 maillist@speevertest.jp 」というリストを作成した場合は、「 maillist@speevertest.jp 」宛にメールを送信すると、登録しておいたメールアドレス全てに同じメールが配信されます。

【 注意 】

メールの配信は「 リスト参加者として登録されているメールアドレスからの投稿のみ 」が受け付けられます。リストに登録のないメールアドレスからの投稿は、所有者、モデレータであっても受け付けられません。
初期の設定のまま、配信メール1通あたり「 40KB(添付ファイル含) 」を上限としてご利用ください。
※ファイルの配布を行いたい場合はメールへ添付せず、サーバーにアップロードしたものをダウンロードしてもらうような運用をお執りください。

■各設定項目の詳細

各項目それぞれの詳細については以下を参照してください。
設定については、このメーリングリスト機能の用途に応じた適切な設定を行う必要があります(後述の設定例もご参照願います)。

(1)管理者 このオプションを「有効」に設定すると、リストに送信されたすべてのメールに対し、件名フィールドおよびメッセージの最初の5行で特定のキーワードおよび単語の組み合わせを検索します。キーワードは「登録(subscribe)」「登録解除(unsubscribe)」「追加(add me)」「削除(delete me)」「ヘルプ(help)」などです。

これらの単語が検出されたら、このメールがリストメンバー全員に対して送信されたものであっても、はじめはリスト所有者に直接転送されます。

(2)パスワードの承認 このパスワードは、メールリストから返送されたメッセージの承認済みヘッダで使用し、モデレートリストへの投稿を許可したり、再送チェックを回避したりするためのものです。モデレートリストがある場合、リストから返送されたメッセージは承認のためリストモデレータに転送されます。

元のメッセージをリストに転送するには、メッセージ本文の 1  行目に「Approved:  承認パスワード」と入力し、それから元のメッセージの内容をすべて追加してください。

「Approved:<パスワード>」の行の前後に空の行を入れないようにします。

メールリストのアドレスにメッセージを送信します。

以下に承認メッセージの例を示します。

(3)Get アクセス 過去ログ取得属性の設定

保管されている過去メールの取得許可を設定します。

設定内容 意味
リスト(デフォルト) リスト参加者からのみ許可します。
オープン すべてのメールアドレスから許可します。
クローズ 全てのメールアドレスから拒否します。

(4)Index アクセス 過去ログ一覧取得属性の設定

保管されている過去メールの一覧を取得許可します。

設定内容 意味
リスト(デフォルト) リスト参加者からのみ許可します。
オープン すべてのメールアドレスから許可します。
クローズ 全てのメールアドレスから拒否します。
(5)Info アクセス 紹介メッセージ取得属性の設定

リストの紹介メッセージの取得許可を設定します。

設定内容 意味
リスト リスト参加者からのみ許可します。
オープン(デフォルト) すべてのメールアドレスから許可します。
クローズ 全てのメールアドレスから拒否します。

※仕様により日本語で設定をした場合、メールクライアントによっては文字化けする可能性がございます。

(6)Intro アクセス 入会メッセージ取得属性の設定

リストの入会メッセージを取得できるかどうか設定します。

設定内容 意味
リスト(デフォルト) リスト参加者からのみ許可します。
オープン すべてのメールアドレスから許可します。
クローズ 全てのメールアドレスから拒否します。

※仕様により日本語で設定をした場合、メールクライアントによっては文字化けする可能性がございます。

(7)最大文字数 このオプションは、リストに送信するメッセージ 1  件当たりの文字数を制限します。一方、この制限値は登録者に配信されるダイジェストの下限値です。
(8)送信者のアドレス メールリスト登録者の「差出人」フィールドに表示するアドレスです。
※ルーピングを防ぐ為に変更不可となっております。
(9)タブー本文 侮辱的と判断されリストへの投稿を避けたい言葉、言葉のパターン、また
は英数字の組み合わせをここで指定します。メッセージ本文に一致するものが見つかっ
た場合、そのメールは確認のために返送されます。
(10)タブーヘッダ このオプションは前のオプションと同じ目的を果たしますが、メッセージの
ヘッダにのみ適用されます。
(11)Which アクセス 参加リスト一覧取得属性の設定

自分が参加しているリスト一覧が取得できるかどうか設定します。

設定内容 意味
リスト リスト参加者からのみ許可します。
オープン(デフォルト) すべてのメールアドレスから許可します。
クローズ 全てのメールアドレスから拒否します。

参加リスト一覧取得属性の設定

権利の無いメールアドレスから、whichコマンドを発行された場合は、リストオーナーにそのメールが配信されます。

(12)Who アクセス 参加者一覧取得属性の設定参加者一覧が取得できるかどうか設定します。

設定内容 意味
リスト リスト参加者からのみ許可します。
オープン(デフォルト) すべてのメールアドレスから許可します。
クローズ 全てのメールアドレスから拒否します。

参加者一覧取得属性の設定

権利の無いメールアドレスから、whichコマンドを発行された場合は、リストオーナーにそのメールが配信されます。

※注意※
「restrict_post」のファイルはご利用頂くことができません

〔restrict_post とは?〕
メールリストの各情報のアクセス制限は

・オープン:不特定多数がアクセス可
・クローズ:全ての人がアクセス不可
・リスト:メーリングリスト登録のメンバーのみアクセス可

の3種類しかありません。

restrict_postにメールアドレスを(複数)記述しておき、”リスト”にしておくと、メーリングリスト登録のメンバーの代わりに、restrict_postに書かれたメールアドレスの人がアクセス可能となります。

しかし、弊社サーバー内にはrestrict_postのファイルを設置することができないため、ご利用頂くことはできません。

■設定例

以下の各用途に応じた設定例などを参考に、最適な設定を行うよう十分に留意してください。

メールマガジンの配信
〔リスト作成の目的〕
顧客向けサポート業務等で、共通の資料を顧客に対して一斉に発信する場合の作業を簡便化する。

・リストへの参加・退会は、管理者のみが行える。
・部外者も、参加者同士でも、参加者の一覧は参照出来ない。
・リストへの投稿は、管理者の検閲なしでは行えない。

設定内容 設定する理由
Get アクセス リスト 顧客が過去の資料を参照する事は出来るようにする。
Index アクセス リスト 同上
Infoアクセス クローズ 使用しない
Which アクセス クローズ 顧客がメーリングリストに登録されている事が分からないようにする。
Who アクセス クローズ 顧客が他の顧客リストを参照出来ないようにする。
社内での同報メール送信
〔リスト作成の目的〕
社内の広報や連絡事項を全員にメールする際の作業を簡便にする。

・リストへの登録・退会は、管理者の承認がなければ実行出来ない。
・部外者から、参加者の一覧は参照出来ない。
・リストの参加者は自由に投稿する事が出来るが、参加者以外の投稿は出来ない。

設定内容 設定する理由
Get アクセス リスト 部外者から社内秘等をするため
Index アクセス リスト 同上
Infoアクセス オープン 同上
Which アクセス リスト 同上
Who アクセス リスト 同上
サークルなどの会員参加型コミュニケーションボード
〔リスト作成の目的〕
社内外問わず、自由に参加出来るリストを作成し、一般ユーザにも提供する。

・リストへの参加・退会は、自由に行えて、参加依頼のメールは、メンバー全員に配信される。
・リストの紹介や参加者一覧も、自由に参照出来る。
・リストへの投稿も自由に行える。

設定内容 設定する理由
Get アクセス オープン 部外者にも、どのようなやり取りが行われているか参照できる。
Index アクセス オープン 同上
Infoアクセス オープン 同上
Which アクセス リスト 参加者には他の参加者一覧を提供出来るようにする。
Who アクセス リスト 同上
Operated by RIDE Co.,Ltd.

ご契約前・技術的なお問い合わせ

営業時間 : 9:00~18:00
(祝祭日を除く月曜日~金曜日)

契約更新・お支払いに関するお問い合わせ

営業時間 : 9:00~18:00
(祝祭日を除く月曜日~金曜日)

レンタルサーバーのスピーバー

スピーバーのサービスブログ