オンプレBCP対策サービス

1.事前準備
2.資格情報とソフトウェアのダウンロード
3.AzureBackupAgentソフトウェアのインストールと設定
4.バックアップデータをリストア(復元)する方法

 

1.事前準備

 

オンプレBCP対策サービス(Windows ファイル&フォルダ バックアップ)は、MicrosoftAzureのAzureBackupサービスを使用します。
Azureのポータルサイトにログインするためのアカウントとパスワードとバックアップデータの暗号鍵を保存するためのUSBメモリー (1MB以上の空きメモリが必要)を手元に用意してください。

Azureのポータルサイトにログインするためのアカウントとパスワード
オンプレBCP対策サービス(Windows ファイル&フォルダ バックアップ)のご契約時に、お客様にお渡ししております。
バックアップデータの暗号鍵を保存するためのUSBメモリー
暗号鍵は、AzureBackup設定時に自動生成されます。
この暗号鍵を紛失しますと、サーバをバックアップからリストア(復元)することができなくなってしまいます。
このため、暗号鍵は厳重に保管してください。

 

2.資格情報とソフトウェアのダウンロード

オンプレBCP対策サービス(Windows ファイル&フォルダ バックアップ)をご利用になるWindowsServer からWEBブラウザで、Azureのポータルサイトにログインして、AzureBackupコンテナ資格情報 (VaultCredentialsファイル)とAzureBackupAgentソフトウェア (MARSAgentInstaller.exe) をダウンロードしてください。

2.1 Azureのポータルサイトにログイン
オンプレBCP対策サービス(Windows ファイル&フォルダ バックアップ)のご契約時に、お客様にお渡ししました アカウントとパスワードを使用してAzureのポータルサイトにログインしてください。

Azureのポータルサイト
https://azure.microsoft.com/ja-jp/


2.2 右上端のアカウントをクリックし、必ず「既定のディレクトリ」を選択する


2.3 すべてのリソースからRecovery Services vault (s8***)をクリックする


2.4 [プロパティ]をクリックする


2.5 番号の順にクリックする




2.6 Azureサインアウト
→右上端のアカウントをクリックしてサインアウトする


 

3.AzureBackupAgentソフトウェアのインストールと設定

AzureBackupAgentソフトウェア (MARSAgentInstaller.exe) をインストールして設定を行う。

3.1 MARSAgentInstallerを管理者として実行する


3.2 インストールフォルダーの指定
下記の手順に沿って、インストールを進めてください。


3.3 資格情報ファイルを指定する
注)発効から2日以内に


3.4 暗号化の設定
パスフレーズの入力(【パスフレーズ生成ボタン】の使用を推奨)と保存先(USBへの保存)を指定します。
注)パスフレーズを紛失するとデータの回復ができなくなります。


閉じるボタンを押下するとMicrosoft Azure Backupが開きます。
開かない時はデスクトップのMicrosoft Azure Backupアイコンをダブルクリックしてください。

3.5 バックアップスケジュールの登録


3.6 バックアップ対象フォルダを指定する


3.7 バックアップスケジュールの登録


3.8 スケジュール頻度の登録


3.9 バックアップ保持日数の指定をする
日単位以外の保持ポリシーのチェックを外す


3.10 帯域指定をする場合


3.11 即バックアップをする場合


 

4.バックアップデータをリストア(復元)する方法

4.1 Microsoft Azure Backupを管理者として実行する


4.2 データの回復をクリック


4.3 このサーバを選択して次へ


4.4 リストアしたい日時を選択


4.5 復元したフォルダやファイルを参照する


Operated by RIDE Co.,Ltd.

ご契約前・技術的なお問い合わせ

営業時間 : 9:00~18:00
(祝祭日を除く月曜日~金曜日)

契約更新・お支払いに関するお問い合わせ

営業時間 : 9:00~18:00
(祝祭日を除く月曜日~金曜日)

レンタルサーバーのスピーバー

スピーバーのサービスブログ